商品検索をする

さつま揚のきんぴら

レシピに使用されている商品

定番のきんぴらはさつま揚をプラスすることで、旨味やボリュームがアップします。

  • 材料(2人分)
  • ●一正のさつま揚1袋
  • ●ごぼう1/3本
  • ●にんじん1/2本
  • ●れんこん1/5本
  • ●しょうゆ大さじ1と1/2
  • ●砂糖大さじ1
  • ●酒大さじ2
  • ●鷹の爪(輪切り)1本
  • ●ごま油大さじ1
  • ●いりごま(白)適量
  • 調理時間20分
  • 1

    ごぼう、にんじんは細切りに、れんこんは薄い半月切りにする。一正のさつま揚は5mm幅に切る。

  • 2

    フライパンにごま油を加えて中火で熱し、鷹の爪、ごぼう、にんじんを3〜4分炒める。

  • 3

    れんこん、一正のさつま揚を加え、2〜3分炒め合わせる。

  • 4

    しょうゆ、砂糖、酒を加え、汁気がなくなるまで煮絡める。

  • 5

    器に盛りつけ、いりごまを散らしてできあがり。

ワンポイントアドバイス

・火の通りにくいごぼう・にんじんを先に炒めておくことで、味も染み込みやすくなります。
・火加減は最後まで中火です。

レシピに使用されている商品

一正のさつま揚(6枚)

●国産すり身100%使用で安全・安心な高級感のある仕上げになりました。
●日本食品標準成分表2020「さつま揚げ」と比較して塩分を40%カットしました。
●弾力は保ったまま、しなやかな食感になりました。甘みや旨味成分をアップし、生食でよりおいしく召しあがれます。
●保存料は使用しておりません。

※黒又は赤の点が見受けられることがありますが、これは魚の皮ですので安心してお召しあがりください。

さつま揚(6枚)

●日本食品標準成分表2015「さつま揚げ」と比較して塩分を40%カットしました。
●減塩活動の活発化に伴い、利用頻度の高いリーズナブルなさつま揚げにおいても減塩化の健康志向を推進します。
●ベーシックな小判型のさつま揚の6枚入りタイプです。
●おでんにはもちろん、煮物に、そのままサッと焼いたりと使い勝手のよいさつま揚です。
●保存料は使用しておりません。
●日本高血圧学会減塩委員会 第2回減塩食品アワードで金賞を受賞しました。

※黒又は赤の点が見受けられることがありますが、これは魚の皮ですので安心してお召しあがりください。

さつま揚(5枚)

●日本食品標準成分表2015「さつま揚げ」
と比較して塩分を40%カットしました。
●減塩活動の活発化に伴い、利用頻度の高いリーズナブルなさつま揚げにおいても減塩化の健康志向を推進します。
●ベーシックな小判型のさつま揚の少量タイプです。
●おでんにはもちろん、煮物に、そのままサッと焼いたりと使い勝手のよいさつま揚です。
●保存料は使用しておりません。

※黒又は赤の点が見受けられることがありますが、これは魚の皮ですので安心してお召しあがりください。

素材をいかしたさつま揚

●ふっくら感を実現できる生産技術により、弾力のあるさつま揚に仕上げました。
●北海道産すり身100%使用。

※黒又は赤の魚の皮が見受けられることがあります。

同じ商品を使った他のレシピ